ハワイでレンタカーを借りた時の注意点

ハワイでは、日本で取得した普通免許で運転することが可能です。だから、現地でレンタカーを借りる人が多くいらっしゃいます。とはいえ、交通のルールなど微妙に違う点があります。それを知らないと、トラブルに巻き込まれることもあるのです。
まず注意したいのは、駐車違反です。日本よりもはるかに厳しく取り締まりされております。ほんの少しだけ停めておこうと思ったら、すぐに反則切符を切られます。駐車する時は、必ずパーキングメーターや駐車場を利用しましょう。

駐車違反をした場合、切符を切られるだけではなく、レッカー移動されることもあります。その場合、レッカー会社に赴き、移動料と保管料を支払う必要があります。また、別途罰金も必要です。だいたい200ドルほどなのですが、手続きにも時間がかかります。せっかくのバカンスが台無しになってしまうので、気をつけましょう。
他にもスピード違反や飲酒運転など、日本でも厳しく取り締まっているものは、ハワイでも当然同じです。安全運転とルールを守ることを心がけていれば問題ないでしょう。

禁煙車での喫煙は絶対にNG

近年は禁煙がブームのようになっており、タバコを止める人が多くいらっしゃいます。分煙化も進み、喫煙場所が限られていたり、禁煙となっている場所が多くなりました。
レンタカーもその流れに乗り、中には禁煙車を貸出しているところもあります。タバコのニオイというのは、いくら消臭してもシートなどに残ってしまいます。だから、非喫煙者にとって、車に乗った時に少しでもそのニオイが付いていたら、不快感を感じてしまいます。

だから、禁煙車での喫煙は絶対にNGです。次に乗る人のことも考えなければなりませんし、そもそも禁煙ということで借りているので、その約束を破ること自体がNGです。もし喫煙したことがばれてしまったら、契約違反となります。その場合、車両の消臭対応と、休業補償のために2万円ほどの支払いを求められることもあります。
利用者としては軽い気持ちでタバコを吸っただけだとしても、レンタカー会社としてはその車をしばらくは禁煙者として利用できなくなります。契約はしっかりと守るようにしましょう。