レンタカーで事故を起こした場合

交通事故はいつでも起こる可能性があります。それはレンタカーを利用している時も同じです。万が一事故を起こしてしまった時、どうすればよいのかあらかじめ把握しておきましょう。でなければ、突然のことでパニックになってしまい、然るべきことを行わず、より問題を大きくしてしまうからです。
まず事故を起こした場合は、負傷者の救護にあたってください。そして、車を他の車の邪魔にならないところに移動させます。

そして、警察への届け出を行います。これは被害者の立場であっても、加害者の立場であっても同じです。事故証明書というものを出さなければなりませんので、必ず必要です。
そしてレンタカー会社への連絡です。あとは、その後どうするのか指示に従う必要があります。希望すれば、代車を貸してくれることはありますし、一旦サービス提供を修了することもあります。それは会社によって違うので、詳しくは事前に確認しておきましょう。
事故を起こした場合、まずは人命の救助、そして警察への連絡、これは忘れずに行いましょう。

増え続ける格安レンタカー

近年、格安レンタカーのサービスが増え続けております。これは、単純にレンタカーを利用する人が多くなったため、需要が高くなったことが原因です。利用する人が増えたのは、日本人よりかは、むしろ海外から訪れる観光客がメインです。最近、日本を訪れる外国人が増えているのはニュースなどから分かりますが、それに伴ってレンタカーのニーズも増えているのです。

格安レンタカー会社が増えることは決して悪いことではありません。ただやはり、それに比例してトラブルも多くなっております。よく聞かれるのが、出発するとすぐに故障したのでレンタカー会社に相談したら、修理代金を請求された、といったものです。当然、利用者に過失がなければ払う必要はありませんが、それを証明するのが難しいのでトラブルになりやすいのです。車体の傷も同じであり、最初から付いていたのか、乗ってから付いたのかを証明しないと、修理代金の請求を断ることが難しくなります。
触れ続ける格安レンタカー会社と、それに伴うトラブルの数々。利用者はこれからはより一層利用する会社を選別しなければなりません。